オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

埼玉県川越市で屋根漆喰、塗装工事のひと手間、施工方法の重要性


外壁工事の養生シートについて
埼玉県川越市の塗装工事で、窓は汚れが付かないようにビニールでしっかり養生します。

養生後に軒天井塗装工事をします。

軒天は酷い剥れで一度剥がし下塗りして、上塗りしてきれいになりました。
外壁工事の養生シートについて
養生シートは、屋根の瓦にも滑らりにくい緑色のビニールで養生して、屋根の瓦に塗料が付着しないように配慮してきちんと養生致します。

塗装はローラーで塗ります。

吹付とローラーではローラーの方が塗膜が厚く塗れるので、現在ではローラーで塗装することが多くなりました。

ローラーで厚く塗るので注意して飛び散らないようローラーで塗装塗りますが、

ベテランでも数滴垂れることがありますのでお施主様の為に養生するようにしております。


外壁塗装工事の下塗りの重要性
左側の玄関先の壁が下塗り後の状態で、右側と比べると白っぽい壁になっております。

下塗り塗料は、モルタルの壁亀裂保護、壁材と塗料の密着させる為の乳白色の液体で、乾くと白くムラがあるようになっておりますが、

下塗り材は、色付き塗料ではなく、薬品に近い液体と思ってください。

この下塗り材は、上塗りと既存の壁に合わせて選ぶことが重要で、この下塗り材を間違えて上塗りすると、

塗膜の剥れ、モルタルの亀裂が発生しやすくなりますので、上塗りのシリコン、フッ素と高級塗料を塗装しても不具合は発生してしまうので上塗りのシリコン、フッ素、断熱塗料、無機塗料、セラミック塗料と上塗りだけの説明だけする業者にはご注意ください。
外壁塗装工事の塗装の塗り方
外壁の下塗りが終わり、2回目の中塗り、3回の上塗りで完了です。

塗装業者の中には、4回塗り、5回塗りと厚塗りを強調して他社との差別化で厚塗りが良いと広告宣伝している業者がおりますが、

逆に、厚塗りすると、塗膜割れ、剥れが発生してしまので、
塗料メーカーでも塗膜の厚みの規定がありますので、
塗装の4回、5回塗りで騙されないようにご注意いください!
屋根下り棟漆喰工事前
屋根の漆喰施工前です。

隅棟(すみむね)をよく見ると漆喰が無い状態です。

隅棟は大棟と違い距離が短く、斜めなので漆喰が剥れると崩れやすくなるの注意してください。
屋根下り棟漆喰剥がし
弊社では、漆喰を塗る場合は必ず古い漆喰を剥がしてから新しい漆喰を塗るようにしております。

それは、古い漆喰の上に塗ると、古い漆喰が土と剥れやすくなっているので、

いくら新しい漆喰を塗っても下地の土との密着が弱いとすぐ剥れてしまうのです。

屋根の漆喰は土との密着が重要なので、手間が掛かりますが古い漆喰は全て剥がします。
このひと手間が後々に耐久性の違いが出てくるのです
屋根下り棟漆喰工事完工
屋根の下り棟の漆喰工事の完成です。

黒の本漆喰を塗ることで、施工後が分かりやすくなり、見た目も黒いと屋根が締まった感じで遠くで見て工事をしたことが分かりお施主様には喜ばれております。

外壁、屋根工事の疑問、お悩み等お気軽に埼玉川越店にご相談ください。
無料でお伺いさせていただきます。


同ブログの前の工事のブログはこちらをクリックしてくご覧ください。
同ブログの次の工事のブログはこちらをクリックしてくご覧ください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

埼玉県坂戸市で屋根の棟、鬼瓦の漆喰工事は本黒漆喰でもう安心。

埼玉県坂戸市屋根漆喰工事施工前
埼玉県坂戸市屋根漆喰工事施工後
工事内容
棟瓦取り直し
漆喰取り直し
漆喰詰め直し
使用素材
黒本漆喰
築年数
築35年
建坪
保証
1年
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

埼玉県川越市で屋根金属カバーして耐久性ある屋根になりました!

埼玉県川越屋根金属カバー外壁塗装工事
埼玉県川越の金属屋根カバー外壁塗装工事
工事内容
屋根カバー工事
外壁塗装
使用素材
金属屋根フッ素鋼板、高耐候性シリコン塗料
築年数
築20年
建坪
40坪
保証
10年
工事費用
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら埼玉川越店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-89-1152