オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

川越市アパート4年前に塗装した後に大雨で和室天井雨漏り屋根調査


DSCN0388-1-columns3
川越市のアパートオーナー様から先日の大雨の際に2階和室の天井が雨漏りしたとの屋根調査のご依頼で急遽雨漏り調査の様子です。

実は4年前に屋根、外壁を塗装したらしく、その際には数社見積して一番安い業者にお願いしたらしく、屋根を調査すると残念な状態でした。
8-2-columns3
それでは和室の天井の雨漏りの様子をご紹介いたします。

窓の上の天井に雨漏り跡がくっきりと残っております。

実は入居者様へ確認したところ数年前から雨漏りしていたらしく、塗装直後から雨漏りしていたらしいです。

和室の目透かし天井は畳数セットで重ねて施工するので一枚だけの交換が出来ないので、全て交換することになります。
9-columns3
次に室内の雨漏り場所から屋根の調査をします。

4年前に塗装したので、塗装業者ではなく屋根やさんなら、その際に不具合を発見もしくは雨漏り対策出来たかもしれせんね。

これが屋根やさんと塗装屋さんの違いですね。

塗装業者さんは塗装することが目的で屋根の不具合は屋根施工知識がないので分からないのが実情で残念ですが責めることもできませんので、

御見積を依頼するにお施主が業者の経験、知識、ノウハウを見抜くことが出来るかですが、これも難しいでしね。

なので、ホームページのブログでどんな施工してるか、調査をしてるか確認すると良いと思います。


1-3-columns3
雨漏り付近の屋根を確認すると、棟板金の釘が3cmは飛び出ておりました。

これは数年かけて飛び出していると思われ塗装時に浮いていたと思われ、屋根工事の業者さんの施工手抜きする業者と判断できます。
2-3-columns3
こちらの棟板金の釘が浮いておりました。更に継目はコーキングしないと雨水が内部入り下地の貫板が腐食します。

アパートを施工した棟板金の先端含めて納め方を見るとこのアパートを施工した屋根屋さんも納め方が悪いいい加減な施工と分かります。
DSCN0338-columns3
屋根を調査すると棟板金の先端が開いた状態で、良くない状態です。

先端の納め方がいい加減で強風時の大雨では巻き上げた雨水が棟板金の内部に簡単に入り雨漏り要因になります。
6-columns3
大棟と下り棟の継目の納め方が悪く、コーキングもされていないので、内部に雨水が浸入し下地の貫板が腐り強度が弱くなり強風で大棟が浮いていると思われます。

下り棟の隙間と大棟の隙間の大きさが違うのでこれは火災保険申請する御見積を作成します。
4-2-columns3
こちらの大棟をご覧ください。
かなり棟板金が浮いて飛散する寸前で危険です。

こちらも火災保険申請して直すことができます。

雨漏りは火災保険申請します。
5-1-columns3
こちらは屋根の先端のケラバ付近でこちらもケラバ下が不具合有、樋も変形しているので雨漏り要因になるので直す御見積を作成します。

今回の雨漏りは火災保険申請して和室天井、屋根の棟板金含めて原状回復工事する御見積を作成してオーナー様は工事費用をご負担せずに工事できるように出来るように対応できます。

このような雨漏りの調査はお任せください。雨漏り、火災保険申請の御見積はお任せください。

雨漏りのご相談だけでも0120‐89‐1152(ハヤク イイコウジ)街の屋根さん川越店へお気軽にお電話ください。

同じ地域の施工事例

施工事例

埼玉県川越市で屋根金属カバーして耐久性ある屋根になりました!

埼玉県川越屋根金属カバー外壁塗装工事
埼玉県川越の金属屋根カバー外壁塗装工事
工事内容
屋根カバー工事
外壁塗装
使用素材
金属屋根フッ素鋼板、高耐候性シリコン塗料
築年数
築20年
建坪
40坪
保証
10年
工事費用
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら埼玉川越店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-89-1152