オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

地震対策にお勧めの屋根の「金属屋根瓦」最古は奈良時代!


新潟県中越沖地震(にいがたけんちゅうえつおきじしん)は、2007年(平成19年)7月16日10時13分23秒 に発生した、新潟県中越地方沖を震源とする地震です。

地震の規模を示すマグニチュード (M) は6.8、最大震度は6強。中越地方では2004年(平成16年)の新潟県中越地震以来のマグニチュード6以上および震度5弱以上を観測した地震となり、

新潟県中越沖地震では、住家全壊1,331棟、半壊5,710棟、一部破損37,633棟の被害がありました。
阪神淡路大地震では住家全壊104,906棟、半壊144,274棟、全半壊合計249,180棟(約46万世帯)、一部損壊390,506棟

屋根の減震が及ぼす影響として、1995年の阪神淡路大地震と、2004年の新潟県中越地震において、建物の倒壊などによる窒息・圧死の犠牲者は、神戸では8割以上だった一方、新潟の大地震ではわずか2割だったというデータがあります。

豪雪地帯の新潟は、もともと瓦屋根が少なく、雪かきをするために屋根が平たく軽い金属のトタン屋根であったため、神戸の地震と比べて屋根が軽いトタン屋根で住宅の倒壊による被害が少ない事が実証されています。

【震度毎の被害分析】
・震度3~4:瓦がずれ落ちる可能性有ります。
・震度5  :家屋の傾きが出る心配があります
・震度6  :家屋の全壊、半壊の心配があります。

屋根の種類別(瓦・スレート・金属屋根)による重さの比較

8a818104087ef37ca630e2d61b106a45-1
一般的に住宅に用いられる屋根材はその種類によって重量が異なります。

瓦屋根、金属屋根、スレート屋根材などがありますが、図の通りで最も軽いのが金属屋根です。

具体的には、100㎡の住宅で粘土瓦を使用した場合の屋根の重量は約6t、同じ面積で金属屋根の場合には、その重さは瓦屋根の10分の1ほどの約600kgと屋根材では金属屋根が一番軽く、地震の際に家にかかる負担が小さいのもは金属屋根です。

上記にて、屋根材として重さを比較すると金属屋根が一番軽量なので地震対策では金属屋根が一番お勧めで、更に一番軽量なので地震の揺れに対しても金属屋根が一番揺れが少ないことを次の下の図でご説明させていただきます。


軽量の屋根が地震対策に有効なワケとは!

yaneyure-2-simple
【耐震対策で注目をあびる屋根の軽量化】
地震による建物の負荷、揺れは建物の重さに比例!

・屋根が重いと重心が上で揺れ幅が大きくなる。
・屋根が軽いと重心が下で揺れ幅が小さくなります。

軽い屋根にすると建物にかかる負担も小さくなり、揺れ幅を抑えることが可能で、屋根を軽くすることで生まれる減震効果はどの建物においても有効です。

※現行のルール(新耐震基準)が定められた1981年より、古くに建てられているとしたら、十分な耐震レベルに達していない可能性も高いので重い瓦の場合はご注意ください。

日本瓦と同じ形状で重さが1/10軽い「金属瓦」で耐震屋根を実現した例

yane-hikaku-1
こちらの上の瓦屋根の写真は、
左側が日本瓦の屋根で屋根の重さが6tの屋根
右側が瓦の1/10軽い金属の金属瓦で重さが1/10の600Kgの屋根です。

同じような瓦屋根に見えますが、
右側の金属屋根は1/10軽量で地震の際の揺れが軽減され崩壊のリスクが大幅に違います!

金属瓦の屋根は、日本瓦(陶器、いぶし)と違い、1/10軽量で漆喰不要な為、雨漏り心配無く、漆喰のメンテナス不要で、施工は日本瓦と同様で金属瓦も瓦桟で屋根カバーより2倍の手間ですが屋根の強度が増し超軽量で「強美な屋根」なのです

この超軽量の金属瓦の屋根の施工は、屋根カバー工法と違い陶器瓦と同じ施工で金属瓦を葺くので平葺の金属屋根より強風に強く、屋根も日本瓦屋根と同じように棟、鬼瓦も見えるので高級感があり、一番は、施工後のお客様から「屋根の重さが瓦の1/10軽くなり地震が起きても怖くなくなりました!」っとお聞きすることができてうれしいです。

「金属の瓦屋根」は江戸時代を代表する屋根で最古は銅葺きで奈良時代!

yane-1-1
日本での金属瓦が多く使われるようになったのは江戸時代。お城や神社仏閣、武家や商家の住宅の屋根が銅瓦で葺かれるようになり、織田信長や秀吉の時代までは、銅のような金属の加工は大変な作業でしたが、徳川幕府の時代では金属加工の技術が進み、労働力の集約も手伝って、金属瓦が広く使われるようになりました。

最近では、何なんと日本では奈良時代から金属瓦があったという説も浮上しており、奈良の東大寺に匹敵する歴史を持つ西大寺の薬師金堂の屋根が765年に銅板で葺かれたとされて記録が残っております。この西大寺の銅瓦の実物は確認できませんが、記録の上では日本最古の金属瓦は奈良時代の銅葺きが日本の最古の金属屋根とされています。

上の写真は弊社での金属屋根での施工の一例です。
神社仏閣をステンレス屋根、銅の金属瓦で葺き替えた実績もあり、金属屋根瓦の屋根工事ではどこにも負けない技術力がありますので、金属屋根、金属瓦の葺き替えに関するご相談はお気軽にご連絡ください。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら埼玉川越店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-89-1152